トリニティーラインには危険な成分が?購入前に知っておきたい全成分

トリニティーラインは大正製薬の子会社「ドクタープログラム」から販売されているオールインワンジェル。

その保湿力で販売当時から高い人気を誇っていました。

そして今現在、累計販売数が397万個を突破した実績があるんですね!

この記事では、そんなトリニティーラインの成分について詳しくお話ししていきたいと思います。

気になる方は是非最後までお付き合いください^^

 

トリニティーラインの成分

トリニティーライン・ジェルクリームプレミアムは、95%以上が美容成分で出来ています。

その全成分が↓コチラ↓です!

シラカンバ樹液、BG、グリセリン、スクワラン、水添レシチン、メチルグルセス-10、DPG、ベタイン、セラミド2、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ジメチコン、ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、マルチトール、ダイズステロール、PEG-32 、イソステアリン酸、バチルアルコール、イソステアリルアルコール、ポリクオタニウム-61、PVP、セリン、グリシン、アラニン、シトルリン、トレオニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、バリン、アルギニン、イソロイシン、リシンHCl、ロイシン、グルタミン酸、プロリン、カンゾウ根エキス、オトギリソウエキス、クチナシエキス、ゼニアオイ花エキス、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、セスキイソステアリン酸ソルビタン、HEDTA-3Na、ポリメタクリル酸メチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム

では上記の成分の中でも代表的な成分と、その特徴をご紹介したいと思います。

  • シラカンバ樹液
  • ツボクサエキス
  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • カンゾウ根エキス
  • オトギリソウエキス

 

シラカンバ樹液

シラカンバ樹液はシラカバの木から抽出された樹液。

優れた薬効効果があると言われ、古くから薬草として使われてきました。

  1. 引き締め成分のタンニン
  2. 血行促進効果が期待出来るサポニン
  3. 美白成分の代表格ビタミンC

など、多くの成分が高い比率で含有されています。

トリニティーラインにはこのシラカンバ樹液が贅沢に使用されていますので

  • 毛穴の引き締め
  • 健やかな肌色
  • くすみを明るく見せる

効果が期待出来ると言われているんですね^^

(※効果には個人差があります)

 

ツボクサエキス

トリニティーラインに含まれるツボクサエキスは、自然界に自生してる植物「ツボ草」から抽出されたエキス。

ツボクサエキスには紫外線を浴びる事で発生してしまうメラニンの生成を抑制する効果があると言われています。

また、非常に高い抗酸化作用でシミや色素沈着を緩和してくれる働きも期待されているんですね。

 

更にお肌にもともとある「保湿成分セラミド」の減少を抑え、ハリやツヤをもたらすコラーゲンの生成をサポートしてくれる働きもあるんだそうです^^

 

セラミド

健康的で美しいお肌を維持するためには、保湿成分であるセラミドは必須!

ですがセラミドは年齢と共に減少してしまうんですね^^;

そこでうるおい成分を十分に補充出来るよう、トリニティーラインには従来品の55倍ものセラミドを配合!

 

乾燥しがちな年齢肌のすみずみまでうるおいを運んでくれるでしょう^^

 

コラーゲン

コラーゲンもセラミド同様もともと肌内部にある成分の1つ。

しかしこの成分も加齢と共に徐々に減少してしまうんですね^^;

 

コラーゲンは極めて細かい分子で出来ているため、お肌への浸透率が高くハリやツヤを実感しやすいと言われています。

また、角質自体も柔らかくする作用がありますので、お肌のごわつきにも効果が期待出来るんですねよ!

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は1gあたりでなんと6リットルもの水分を保持する事が出来る保湿成分の代表格!

コラーゲン同様、お肌への浸透率が高いので、お肌の内側にうるおいを閉じ込め乾燥ダメージを和らげてくれる働きがあるんですね^^

 

カンゾウ根エキス

トリニティーラインに含まれるカンゾウ根エキスは和漢方として古くから使われてきたカンゾウ根から抽出されたエキス。

カンゾウ根エキスは和漢方の中で最も美白効果が高いと言われ、メラニンの発生を抑制する効果が期待出来ると言われています。

 

オトギリソウエキス

オトギリソウエキスも古くから使用されている成分の1つ。

お肌に出来た傷の修復効果が高く、デリケートな肌質でも安心して使用出来る安全性が認可されています。

 

このようにトリニティーラインに含まれる成分には危険な成分が一切含まれていないんですね^^

なので

  1. 敏感肌
  2. 乾燥肌
  3. 混合肌
  4. 脂性肌
  5. 乾燥性敏感肌

どんな肌質の方にも合うように作られているんですよ!

(※ですが絶対に皮膚刺激やアレルギー反応が無い訳ではありません)

 

まとめ

トリニティーラインは

  • 乾燥
  • くすみ
  • ごわつき
  • かさつき
  • ハリ・ツヤ・キメ・弾力不足
  • 肌荒れ

といった肌トラブルに大きな期待が持てる化粧品です。

また

  1. 無香料
  2. 無着色
  3. ノンアルコール(エタノール不使用)
  4. アレルギーテスト済み
  5. パッチテスト済み
  6. 乾燥性敏感肌の連用パッチテスト済み

といった優しい使い心地を実現!

どんな肌質の方でも安心してご使用になれるよう徹底した安全性を追及しているんですね^^

(※すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらない訳ではありません)

トリニティーラインの口コミ・悪評が気になる方は↓の記事もチェック!

トリニティーライン 口コミ・悪評